マルクス主義同志会トップページ出版物案内ページE-メール

前のページに戻る 注文フォームへ
隔週日曜日発行/A3版2ページ
定期購読料(送料込み) 1年分=開封2,000円、密封2,500円

※電子版の『海つばめ』の販売を始めました。
メールに添付して送付します(テキストファイル)
定期購読料 1年分=300円
なお、印刷した新聞の『海つばめ』本体と電子版をセットで購入する場合は、本紙代+200円(開封2,200円、密封2,700円)となります。
不定期発行(年2回程度) 各号800円前後+税、送料200円

※各号の詳細は プロメテウスのページ をご覧下さい。
『「資本」の基礎としての「商品」とは何か』  「商品論」の核心に迫る資本論読書会の記録
林 紘義著 定価=1,600円(+税)・送料210円
『「アベノミクス」を撃つ――カネをバラまくことで国も経済も救えない』
インフレやデフレの概念に迫り、リフレ派の空騒ぎを批判
林 紘義著 定価=2,000円(+税)・送料210円
『第一次安倍政権の二大“前科”を問う――教育基本法と従軍慰安婦問題で教育・報道への政治介入』  第一次安倍政権の二つの“前科”を告発
林 紘義著 定価=1,500円(+税)・送料210円
『人類社会の出発点  古代的生産様式――「アジア的生産様式」論の復活を』  埋もれていた「唯物史観」の原点
林 紘義著 定価=1,500円(+税)・送料160円
『「核エネルギー」はなぜいかにして「危険」か』  “核問題”の本質に迫る決定的な発言!
林 紘義著 定価=1,800円(税込)・送料160円
『黎明期の一途さと輝きと――不滅なり!明治の労働運動・社会主義運動』  日本社会主義運動の先駆者を生き生きと描く
町田 勝著 定価=2,000円+税・送料290円
『まさに「民主党らしさ」そのものだった〜民主党政権の九ヶ月〜』 鳩山政権の偽善と裏切りの数々を徹底的に告発し断罪
林 紘義著 定価=2,000円+税・送料290円
『崩れゆく資本主義、「賃金奴隷制」の廃絶を』 人類を破滅に導く危機、資本と国家の無政府主義を暴露
林 紘義著 定価=3,000円+税・送料340円
「『家族、私有財産及び国家の起源』を探る」 ブルジョア学者・モルガンに追随したエンゲルスの誤りを根底から批判
林 紘義著 定価=2,000円+税・送料290円
『女帝もいらない 天皇制の廃絶を』 皇室典範改正問題・女帝論議を根底から批判
林 紘義著 定価=2,000円+税・送料290円
『教育のこれから』 「ゆとり」から「競争」そして「愛国教育」へと進む教育の現状を徹底的に批判 林 紘義著 2,000円+税・送料290円
『林 紘義著作集全六巻』 マルクス主義の原理的立場に立った経済理論の解明と、文化・教育・イデオロギー・体制批判 各2,000円+税・送料310円
『国民教育の成立とその歴史的意義』 フランス革命期における公教育
菊池里志著1,000円+税・送料200円
『顕現するブルジョア教育』 国家主義と市場主義アメリカの「教育改革」
有賀明彦著1,000円+税・送料200円
『変容し解体する資本主義』 ”管理通貨制度”の解明を通じて、現代資本主義の本質をさぐる 林 紘義著2,200円+税・送料290円
『破産した現代”社会主義”』 ソ連・中国に見る国家資本主義の”進化”過程
鈴木研一著 2,000円+税・送料290円
『 "Socialism" Starlinist or Scientific 』 ソ連・中国等の国家資本主義の歴史と理論 林・鈴木論文の英訳 2,000円+税・送料290円
『 Marx's Labor Theory of Value : A Defense 』
Hayashi Hiroyoshi Translated by Roy West price:$26.95
『変節』 郵政労働者の生活と労働、闘いと苦悩を描く
増田勇著 1,500円+税
『哀惜の樺美智子』――60年安保闘争獄中記
林 紘義 著 三一書房(本体2,800円+税)
『栗木伸一(林 紘義)評論集』我々の闘いの軌跡――“左”右の日和見主義に反対して
1600円+税
『宮本・不破への公開質問状』 ハンガリー事件・スターリン批判・ポーランド問題
林紘義著 1,000円+税
『部署は違えど心はひとつ――永井明遺稿集』
「永井明遺稿集」刊行委員会編 1,200円+税
※送料は、各1冊のみ購入の場合の料金です。
※詳しい内容やバックナンバー、上記以外の書籍等については、こちらを参照して下さい。
前のページに戻る ページTOPへ
 下記のフォームに「お名前」「郵便番号」「住所」「メールアドレス」を書き、「メッセージ」欄に注文したい出版物と冊数等を記入して(全て必須)、「注文する」ボタンを押して下さい。追ってメールアドレス宛に送料を含めた金額や支払い方法等をお知らせします。
 なお、『海つばめ』や電子版『海つばめ』、あるいは単品での注文であらかじめ送料が分かっている場合には、下記の振込先に直接振り込んでいただければ入金が確認できしだい商品を発送します(この場合にも下記のフォームは記入して送信してください)。振込先はこちら
お名前
 
 〒郵便番号(171-0022等と半角で)
 
 都道府県
 
 住所(番地、建物名、号室までお願いします)
 
 メールアドレス
 
 メッセージ(注文内容:書名、冊数を忘れずに)
 

 上記の内容を    
前のページに戻る ページTOPへ