To English Pages。 メールを送ります。
階級的原則とマルクス主義・社会主義を掲げる同志会に入ってともに闘おう! 『海つばめ』電子版の販売を始めました。メール添付で送付します。詳細は下記のリンクを参照して下さい。

代表委員会メッセージ

共産党は安倍といちゃつく

自衛隊との怪しげな♀ヨ係

2016年8月24日


 参院選で、共産党の自衛隊に対する立場が、安倍の格好の批判の的になった。
 安倍は選挙中、「共産党は自衛隊は違憲だが、解散するまでは仕事をしてもらうという。こんな失礼な話があるか」と攻撃し続けた。
 また若い幹部の藤野が、NHKの政党討論会で、「防衛予算は人を殺すための予算」と“失言”し、与党側から総攻撃を受けたこともあって、志位は8月5日の共産党創立94周年記念講演で、この問題に言及し、釈明を試みている。
 
 志位は、自衛隊と憲法の問題についての共産党の立場が矛盾しているのは、共産党の罪ではなく、憲法違反して自衛隊を育ててきた、自民党の罪だと強調する。
 彼は、自衛隊は憲法違反であり、この「矛盾」は解決されるべきだが、このことは簡単ではなく、「かなりの期間」を要するのであって、その間に自衛隊が必要になるなら、祖国防衛のため戦闘行為に従事し、災害時にも出動するのは当然で、そう主張したからといって非難される謂れは何もないと反論している。
 志位は、「この立場こそ、憲法を守ることと、国民の命を守る事の、両方を真剣に追求する、最も責任ある立場」であると叫んでいる。

 しかし資本の支配のもとで、自衛隊(軍隊)の存在やその意義を否定するなら、どんな「期間」であろうと、それは肯定され得ないのであって、それは憲法がどうあろうと――平和主義的であろうと、なかろうと――関係のないことである。労働者は、憲法がどうあろうと、ブルジョアの軍備増強や、軍国主義、帝国主義の発展に対して最後まで闘うし、闘い抜かれなくてはならないのである。

 自衛隊は違憲で認められないとしながら、そんな自衛隊や、その活動を、どんな「期間」中かは知らないが、認め、肯定することは根底から「矛盾」している。
 事実、志位はここでは隠しているが、共産党は戦後一貫して国家たるものはすべて、「固有の自衛権」を持っているのであって、その意味では憲法9条は正しくないと言い続け、敗戦後の憲法国会ではそれを理由に憲法に反対したのであり、その後も、日米安保条約がある限り、自衛隊は米国のための軍隊であって、日本のための軍隊ではない(だからよくない)、もし日本が「真の」独立を勝ち取ったときには――この意味は日米安保条約を破棄することだが、もちろんそれは、日本の“完全”独立といったこととは全く別問題である――、憲法を変えてでも軍隊を持てるようにすべきだと主張してきたのである。

 そして志位は、今ブルジョア民族主義者としての、こうした卑しい本性を隠しつつ、労働者、勤労者に媚び、あるいはブチブルや市民派に迎合して、平和主義者として、自衛隊や軍備増強に反対して現れなくてはならず、かくして現行憲法の誰よりも熱心な擁護者、支持者であるという、偽りの見せ掛けを作らなくてはならないのである。

 かくして志位の観念からは、資本による労働者の搾取体制や、資本主義世界において発展する軍国主義、帝国主義との闘いや、憲法の外で展開され、先鋭化する階級闘争、政治闘争などは完全に脱落し、消去されているのである。
 そしていとも安易に、労働者を取り囲む世界が「もし自衛隊がなくても安心だ」という世界になれば、労働者、勤労者の平和も生活も保障されるパラダイスがやってくるというのだが、ばかげたドグマであり、妄想であって、志位は、資本の搾取体制やブルジョア帝国主義の発展の前で、労働者を階級として解体し、武装解除するのである。


   「自公に3分の2与えた民共を糾弾する――心やましき“野党共闘”、自ら墓穴を掘る」ほか
TOP

『海つばめ』 最新号(1282号)2016/8/14
       【一面トップ】昭仁、偽善の「お言葉」――憲法違反と彼らの特権や利益の擁護と
【1面サブ】労働者派議員を勝ちとるために――セミナーに参加し徹底的に議論しよう
【コラム】飛耳長目
【二面〈主張〉】共産党は安倍といちゃつく――自衛隊との怪しげな♀ヨ係
【二面トップ】今さら無概念と無知を暴露して――「デフレは悪いことばかりか?」

※『海つばめ』電子版(テキスト版又はPDF版)を販売しています。 詳細はこちら。 PDF版の見本はこちら。


【『海つばめ』注目記事】
T 特集「国民連合政府」を考える―ついに破綻と転向のときに----志位の「入閣主義」と「与党主義」の宣言
U 特集・破綻する現行介護体制――苦悩する介護労働者たち――介護の真の“社会性”は共同体原理と共に  

その他、注目記事は  


第11回 働く者の中央セミナー
【テーマ】労働者党の国政選挙再挑戦のために
――参院選は共産党の究極的堕落を明らかにした

           詳しくはこちら

≪各地でのセミナーのご案内≫  過去ログ・報告はこちら

★信州・働く者のセミナー
日時 8月28日(日)午後2時より  会場 松本勤労者福祉センター2F
テーマ なぜ野党は敗北したのか――参院選とアベノミクス・憲法問題 

★静岡働く者のセミナー
日時 9月4日(日) 午後2時〜  静岡交通ビル3F(静岡駅南口より徒歩1分)
テーマ 参院選、なぜ自公は“勝利”したのか――野党は労働者・働く者を代表せず


【第12回大会開催される】
 5月末日マルクス主義同志会第12回大会が開催され重要な宣言や決議を決定ました。

 第12回大会報告全般へ:
  第12回大会宣言:
    全国の心ある労働者、勤労者に訴える
    「労働者党再建」と「国政への復帰」のために結集しよう!
  第12回大会決議:
    サークル的段階を脱却し、新たな段階へ
    「労働者党再建と国政への復帰」を合言葉に

お知らせ・更新情報

 2016.6.11....... 第12回大会報告を掲載。

 2016.4.17....... メーデー闘争にご協力を!

 2016.3.26....... 東京・大阪セミナー報告を掲載。

 2016.3.9....... 「注目記事」を更新。

TOP


【単行本】


「アベノミクス」を撃つ
(13.11.5発行)




@marxdoushikaiをフォロー



マルクス主義同志会ブログ
【連絡先】
  全国社研社 〒179-0074
  東京都練馬区春日町1-11-12-409
  TEL/FAX 03−6795−2822

Visitors since Jan. 2003
    Total:     
Last Updated :