To English Pages。 メールを送ります。
階級的原則とマルクス主義・社会主義を掲げる同志会に入ってともに闘おう! 『海つばめ』電子版の販売を始めました。メール添付で送付します。詳細は下記のリンクを参照して下さい。

代表委員会メッセージ

イギリスのEU離脱

新しい世界危機に道を開くか

2016年6月25日

 「経済統合」から「政治統合」に進むといいはやされ、また事実、その方向への具体的な道筋すらも語られていたEUが、イギリスの離脱によってまさに解体の危機さえもあり得る時代を迎えようとしています。
 それが世界の、とりわけ先進国のブルジョアたちにとって、彼らの一つの「秩序」の解体であり、解体の危機であるが故に、深刻な動揺を呼び、株価の崩落や為替の激動など、現代世界の資本主義経済を揺さぶり、下手をすれば世界的な歴史的危機、G7で安倍が言いはやした“リーマンショック級の”経済危機や、不況や信用恐慌や国家破産の危機さえもの引き金になり――というのは、世界はすでに信用膨張や通貨膨張、さらには赤字財政の膨張によって破綻する多くの危機を、破裂して当然の様々なバブルを内在させ、成熟させているからです――、そんな事態を誘発し、あるいはそんな時代を呼び込みかねないからです。
 EUの顕在化した危機は、ブルジョア的国家統合が一つの幻想であること、「ヨーロッパ合衆国」はもちろん「国際連盟」や「国際連合」(“世界政府”という自由主義的ブルジョアや観念的プチブルの願望、もしくはみじめなカリカチュア)といったものの限界と反動性さえも改めて暴露した、貴重な歴史的な経験ともいえます。
 そしてEUの解体の兆しが、世界中で高まる諸国家の民族主義、国家主義、つまり先進的なブルジョア国家の自国の利益優先という、国家エゴイズムの新しい高揚の中で現れたのは偶然ではありません。
 資本主義の危機が世界的に深化し、諸国家の共同の利益の分け前ではなく、損失や犠牲の“分け前”(負担)を争わなくてはならなくなると、ブルジョアたちは、したがってまたブルジョア国家はお互いに自らの利益のために我を忘れ、「国際協調」等々に代わって、民族主義や国家主義のための闘いを、戦争さえも叫び始めるのです。イギリスの“独立党”しかり、中国の習しかり、ロシアのプーチンしかり、アメリカのトランプしかり、そして日本の安倍しかり、というわけです。
 ブルジョアの支配する世界で、国家統合とか、世界政府とかいったものは極度に困難で、なされたとしても例外的で、部分的なものとしてしか存在しないし、してきませんでした。世界政府の出発点などと喧伝された、はやし立てられ、美化されてきた第一次世界大戦後の国際連盟も、第二次世界大戦の国際連合も、いくらかでも世界政府といえるようなものとして存在し、あるいは機能してきませんでした。そればかりか、それらの機関は世界の大資本の、あるいは大資本の国家の利益のために、基本的に機能してきました。
 だからこそ、EU分離がかならずしも労働者、勤労者の利益とは言えないにもかかわらず、EU機関、EU体制もまたイギリスにおいて国民的な――労働者、勤労者の一部さえもの――支持を失ったのです(それはすでにEUの多くの国に置いても同様です。ギリシャにおいては踏みとどまりましたが、今やEUの大国であり、しにせでさえあるイギリスにおいては、EU忌避は現実のものとなりました)。
 世界の労働者はブルジョア的な国家統合――それが全く存在しないというのではないにしても――が困難であるばかりか、ブルジョア諸国家のエゴイズムが支配する世界においては不可能であること、世界社会主義はただ労働者階級の世界的な行動と闘いによってのみ可能であり、歴史的に実現され得ると宣言しなくてはなりません。


   「参院選開始――民共の偽りの“統一戦線”を暴く」ほか

TOP

『海つばめ』 最新号(1278号)2016/6/19
【一面トップ】読者のみなさんへのアッピール ――同志会13年の闘いを止揚して/労働者党再建と国政選挙再挑戦を決定
【一面サブ】野党共闘の現実/有権者裏切る結果に帰着
【コラム】飛耳長目
【二面トップ】参院選の真の問題点は何か――消費増税再延期と信念放棄の諸政党

※『海つばめ』休刊のお知らせと再刊:
6月中の休刊をお知らせしましたが、6月19日(日)号から、A3版で発行を継続することにしました。このホームページで公開していきますので、ご覧ください。
なお、今号から原則として全ページをこのホームページで公開していきます。

※『海つばめ』電子版(テキスト版又はPDF版)を販売しています。 詳細はこちら。 PDF版の見本はこちら。

【『海つばめ』注目記事】

T 特集「国民連合政府」を考える―ついに破綻と転向のときに----志位の「入閣主義」と「与党主義」の宣言
U 特集・破綻する現行介護体制――苦悩する介護労働者たち――介護の真の“社会性”は共同体原理と共に  

その他、注目記事は  


TOP
【第12回大会開催される】
 5月末日マルクス主義同志会第12回大会が開催され重要な宣言や決議を決定ました。

 第12回大会報告全般へ:
  第12回大会宣言:
    全国の心ある労働者、勤労者に訴える
    「労働者党再建」と「国政への復帰」のために結集しよう!
  第12回大会決議:
    サークル的段階を脱却し、新たな段階へ
    「労働者党再建と国政への復帰」を合言葉に

お知らせ・更新情報

 2016.6.11....... 第12回大会報告を掲載。

 2016.5.24....... 『海つばめ』1277号を掲載。

 2016.4.17....... メーデー闘争にご協力を!

 2016.3.26....... 東京・大阪セミナー報告を掲載。

 2016.3.9....... 「注目記事」を更新。

TOP


【単行本】


「アベノミクス」を撃つ
(13.11.5発行)




@marxdoushikaiをフォロー
【連絡先】
  全国社研社 〒179-0074
  東京都練馬区春日町1-11-12-409
  TEL/FAX 03−6795−2822

Visitors since Jan. 2003
    Total:     
Last Updated :